1. HOME
  2. あるある
  3. 保留中に電話が切られている
あるある

保留中に電話が切られている

あるある

441

保留中に電話が切られている

新人のテレアポスタッフによくありますが、お客様からの質問に対して、知識不足がゆえに正確な回答が出来ない事があります。そういった場合、一旦お電話を保留にして、一生懸命調べたりSVに確認をしなくてはなりません。確認が取れ、いざ「お客様、大変お待たせいたしました」と保留を解除した時には、悲しいことに既に電話が切られている、ということがあります。テレ・マーカーのコールセンターでも良くあることで、スタッフが慌てて電話を折り返しても、お客様が電話に出て頂けないこともあります。
確認のための保留でお客様をお待たせしないよう、スタッフのスキルアップが必要ですね。

テレ・マーカーの光コラボ事業って?

  • 光コラボレーションモデルとは

2015年2月よりNTT東日本様・NTT西日本様が提供している「フレッツ光」の提供を光コラボレーション事業者への契約会社変更を可能とするサービスとなります。光回線の通信速度・品質。またひかり電話などのご利用中オプションはそのままに各事業者が光回線提供事業者として運営しております。

  • NTTのフレッツ光はなくなるの?

光回線契約について、提供会社は弊社へ変更となりますが、ご利用中の光回線・端末、またひかり電話などのご利用中オプションはそのまま継続してご利用頂けます。弊社でも業界最安値水準の料金で提供しておりますので、お切り替えを頂けることで大きなメリットを感じて頂けると思います。

  • プロバイダの変更は必要?

プラチナ光のお申込みにあたりプロバイダの変更の必要はありません。
現在ご利用いただいているプロバイダ会社をそのまま継続してご利用いただけます。
ただし弊社でも業界最安値水準のプロバイダサービスをご用意させていただいておりますので、転用の際に弊社サービスに切り替えていただけるお客様が多数いらっしゃいますので是非ご検討下さい。

  • 転用ってなに?

NTT東日本・NTT西日本の「フレッツ光」をご利用されているお客様が弊社に契約を切り替えるに際し、円滑に実施できるよう、お客様のフレッツ光の設備をそのままに、契約先をNTT東日本・NTT西日本から変更するお手続きのことです。

  • 事業者変更とはなんですか?

2019年7月1日より開始された「事業者変更」は、光回線サービスの乗り換えのうち、光コラボレーション間で契約を変更することを言います。このことにより現在NTT様以外の光回線事業者様とご契約中のお客様におかれましても、ご利用中のサービスを引き継いで弊社プラチナ光サービスへご変更頂くことが可能となりました。

詳細はこちらをご確認ください。

https://www.platinum-hikari.net/

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。