1. HOME
  2. あるある
  3. ふたの付いた飲み物はOK
あるある

ふたの付いた飲み物はOK

あるある

92

ふたの付いた飲み物はOK

コールセンター内にはパソコン等の精密機器があり、ドリンクの持ち込みが禁止されていますが、「ふたの付いた飲み物はOK」とされている事が多くなっています。 テレ・マーカーのコールセンターでも「ふたの付いた飲み物はOK」です。市販の飲み物を持ってきている人もいれば、水筒・マイボトルで飲み物を持ってきている人もいます。社内には自動販売機も設置されていますが、8割がペットボトルか、蓋付きの缶ボトルになっています。

蓋付きといっても、入っている飲み物が漏れないような、しっかり蓋が閉まるものをお願いしています。ストローで飲む冷たい飲み物はとっても美味しいのですが、万が一倒れてしまうと重要機器にかかってしまったり、机や書類を汚してしまう可能性がありますので、マイボトル使用をお勧めします!

マイバック、マイボトル、マイ箸・・・世の中にどんどん浸透してきていますが、どのような理由で持ち歩いている方が多いのでしょうか。以下のような調査結果がありました。

男性、女性共に「どこでも好きな時に飲める」という理由が一番ですが、女性は次いで「経済的」という理由で持ち歩く方も多いようですね。コンビニや自販機で買うには量が多いし、今日はペットボトルが入る鞄じゃないな~なんて時に、小さいサイズのマイボトルを持っていると助かりますね。

反対に、持ち歩かない理由は、男性、女性で順位に差がありました。

このように、男性は「自分で飲み物を用意する」ことが、女性は「ボトルを洗浄する」ことがストレスになっているようです。確かに、忙しい朝に毎日用意すること、疲れて帰った後に洗浄が必要なこと、どちらもなるべく工程を抑えられると良い項目ですよね。

それでは実際、どんなマイボトルが皆さんに求められているのでしょうか。

全ての結果に、男性・女性それぞれの傾向が表れていて、とても面白い結果ですね。
冷たさ、温かさを持続させられるというのは大きなメリットですから、最も重要視されていますね。そして女性は「洗いやすさ」、男性は「容量が多い」ことが重視されているようです。洗いやすくて、沢山入って、小さくて軽くて・・・

マイボトル、興味が沸いてきましたか?
サイズやデザインも豊富にありますので、皆さんもお気に入りを見つけてくださいね♪

資料引用元:意識調査fromプラネット
      

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。